×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

produced by yuni-iiyudana. since 07/08/2011
Looks best 1024x768


◆イベントレポート

2011年 9/22-23 三川神社 例大祭



2011年9月23日、毎年恒例行事である三川神社の例大祭が行われた。

2011年のプログラムは以下のとおり。
9/22〜23 三川神社例大祭プログラム
9/22
13:30〜 チビッ子相撲大会
17:00〜 舞踏&カラオケ発表会
9/23
9:00〜 例大祭
9:30〜 こども神輿
17:00〜 馬追太鼓演奏会
18:00〜 ビンゴ大会

9/22に行われた舞踏&カラオケ発表会は、社殿横に併設されている、
特設ステージにて行われた。


立派な・・とは言えないもののこのようなステージを備えている町の神社は、
道内でも少数であり、三川神社の祭りが、いかに地元に根付いているかが伺える。

明けて23日は、朝9:00から例大祭で由仁神社の宮司(今年は禰宜)が祝詞を奉上した。


その後、子ども達による神輿が行われる。
この神輿に参加するとお小遣いが貰えるため、参加希望者は毎年多く、子ども達の元気のモトになっている。
現金な話だと思うかもしれないが、筆者も子どもの頃、それ目当てで参加した思い出がある。
モチベーションを高める意味では、大変有用な方法だ。
※子どもに例大祭の意義、神輿の意義を説いても暖簾に腕押しだと思うので(笑)


神輿出発前の光景。
今年は雨が心配されたが、午前中はかろうじて雨は踏み止まっていた。


9/17に狛犬倒壊&しめ縄を外されるという事件が起こり、祭りはどうなるのか?と心配されたが、
犯人は逮捕され、そして神社も元通りに修復されていた。

そして神輿出発!

しかし、写真を見て分かるとおり、神輿は担がずにリアカーに固定して
それを引くというスタイルとなっている。
近年、子どもの数が減少し、小学6年〜中学生(主に男子)の数が集まらないという理由のほか、
歩道を歩くとはいえ、危険という理由らしい。
この現象は三川だけではなく、日本のあちこちで台車に載せて引くという神輿が増えている。
確かにこの方が安全だけど・・ねぇ?とオッサンは思うのである。

神輿パレードの様子。

パレードは、先頭の旗持ち、賽銭箱持ち、太鼓台車、そして神輿本体と長い列を作って行進する。

三川神社の例大祭は、この町の例大祭としては最も露店の数が多い事も特徴だ。



22日は雨のため、客足は鈍かったものの、
それでも多数の町民が訪れていた。


北海道でよく見る露店と言えば、このベビーカステラ。
北海道では当たり前のように見るが、言われてみれば本州でこの露店はあまり見なかったように思う。


23日は無事に晴れ、露店も賑わっていた。
そして露店と言えば「型抜き」今も昔も子どもが夢中になる露店です。
でも中々、景品貰えないんですよねぇ、コレって。

23日の目玉の一つ、馬追太鼓の演舞

全員女性!拍手喝采の演舞でした。

例大祭の最後は恒例のビンゴ大会。

今年も豪華な景品が多数用意され、
番号が読み上げられるたびに一喜一憂する人々。

今年は、祭り直前に事件が起こり、どうなるかと思われましたが、
無事に例大祭を終えることができ、ホッとしている方も多いのではないでしょうか。
神社修復に尽力された方々、ご苦労さまでした。
また来年、盛大にお祭りを楽しみましょう!
町外の人も、時間の都合が付くようなら、ぜひとも参加を!

写真提供:小野電業社

▼イベントレポート Indexページに戻る
▼Topページに戻る
Copyright c 2011 yuni-iiyudana. All rights reserved.
Photo by 小野電業社 c 2011