×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

くにをのキムチ Title
店舗
鮭キムチ
《基本情報》
店名:くにをのキムチ
住所:北海道夕張郡由仁町本町273
電話:0123-76-9290
(FAX) 0123-76-9291
営業時間9:00 - 19:00
定休日年中無休(不定休)
《オプション情報》
クレジットカードNG
席数:2席
駐車場:駅前駐車場をご利用ください
タバコ:禁煙

《ネット情報》
ホームページ
》online
電子メール
》online
blog tabeblog
》online
ツイッター facebook WiFi
地図

》》 GoogleMapで周辺地図を表示する
《 くにをのキムチへのアクセス 》

》》 GoogleMapで周辺地図を表示する

店舗 “くにをのキムチ”はJR由仁駅前、徒歩0分の位置、まるやま食堂のすぐそばにある。 由仁駅は、JR室蘭本線にあるため、鉄道で札幌方面から向かう場合、 エアポートにて南千歳で、JR石勝線に乗り換え、追分に向かう。 追分にて室蘭本線に乗り換え、岩見沢方面行きに乗り、 追分→三川→古山→由仁到着、となる。

 車で向かう場合、JR由仁駅をカーナビで検索して向かおう。 駅の西側にあるため、 国道234号から向かう場合、線路をまたいで、由仁市街に向かう必要がある。 札幌方面から向かう場合、道道3号にて長沼を抜けて由仁を目指し、 「由仁市街方面」と書かれた看板のところで左折すればよい。 駅前が大きな駐車場となっているので、車で行く場合は、そこに駐車しよう。

《 くにをのキムチはこんなお店 》

  • 野菜キムチ 500円〜
  • 海鮮キムチ 840円〜

長芋キムチ 300g  2012年、6/1にOPENしたばかりお店。 “くにをの鮭キムチ”このフレーズを聞いた、見た人も多いのではないだろうか。 札幌で爆発的に売れた“くにをの鮭キムチ”を作ったのは店主の前田氏。 田舎暮らしに憧れ、由仁に越してきたという。

 由仁に腰を据えた同氏は、由仁産野菜のキムチ作りに取り組んでいる。冬季限定となるが、長芋キムチは超絶品。 長芋の食感と北海道産昆布の旨みが全く新しいキムチだ。筆者が知っている野菜キムチでこんなに旨いキムチは他には無いと断言できる。

鯖キムチ 150g  さて“くにを”はキムチ専門店だ。すべて店内で手作りされている。 メインは海鮮を使った極上のキムチ。鮭のほか鯖、イカ、ホタテといったキムチが販売されている。 また一般的な白菜のキムチもある。筆者が実際に購入し食べた中では、「鯖キムチ」が絶品だった。

イカキムチ 150g  キムチは「旨み」が決め手。その旨みが鯖と絶妙にマッチしている。 正直、ここのキムチを食べてしまうと、スーパーで売られているキムチを買う気になれないだろう。 そのくらいインパクトがあるキムチだ。 また数の子入りのイカキムチは酸味がなく、すっきりした味わいでイカと数の子の旨みをうまく引き出している。 日本酒にピッタリなキムチとなっている。

ホタテキムチ 白菜キムチ 500g ホタテキムチは、贅沢に大振りな貝柱が使われており、これまたウマイ。 そして定番の鮭キムチ。脂の載った鮭がキムチになると全く新しい味になる。 なお鮭キムチには「辛口」も用意されているので、辛いキムチが好きな人にオススメだ。 全体的に酸味控えめ、やや甘口傾向だが辛味もしっかりしている。 それに加えて独特な旨みが、なんとも言えず美味しい。 どれも旨くて冷蔵庫に常備したくなる、そんなキムチなのである。

3本セット  単品のほか、250g 3個セット 3150円などもある。 贈答にオススメだ。セットの組み合わせは変更可能なので店主に聞いてみよう。

 このほか、長芋キムチやメンマキムチ、大根キムチなど季節によって限定商品が登場するので、 ホームページはマメにチェックしよう。  また、2013年3月、ホームページがリニューアルし通販しやすくなった。遠方で中々、由仁まで脚を伸ばせない方は通販を利用しよう。


Topページに戻る